フジタユミ・動作改善トレーニングのblog

体の動かし方は自然に身に付けたものです。ところが痛み、気分、習慣、生活スタイル、で姿勢や動き方は変化します。自身の難病から動作分析に出会いました。そして、今さら知った【体が持つ本来の機能】に驚きました。本来の機能を取り戻せる《動作改善トレーニング》を実践中

体の調子が良くて心の調子が悪くなることは、ほとんどないはず。
動作分析では脳の働きも含めてカラダ全体を見る。

これが人体にとっての当たり前の事だったとは…

カラダを快適に変える《動作改善トレーニング》

タグ:姿勢が悪い

フジタユミです!


 あなたのカラダの調子が良かろうが悪かろうが
人が動く時の、原理原則があります。
これはあなたが5歳の時も80歳の時も同じです。

原理原則通りに動けていると思いますか
って聞かれても、原理原則を知らなければ答えようがありませんよね

これ、すごく問題だと思いませんか
知らなかったことに驚いた、運動歴の長いワタクシです。

原理原則が存在するのに、それを知らないなんて・・・

そして、一般的にどうなっているかというと、やはり
原理原則はすっぽ抜けで、様々なトレーニングが存在しています。

そして、効果が出る人、出ない人、に分かれていきます。

効果が出る人は、その人の体の状態にまあまあ、合っている内容だった。
そういうことです。
そして、効果が出ない人は、方向が全く合っていなかったという事です。

簡単に筋トレしましょうって言いますけど
筋トレNGなカラダの状態もあるんですよ

18072641_1418352008221767_909640059_n

☝これは、座ってねじる動作をしています。
背骨がひとつずつ、ねじる動きが出来るかを見ています。
地味です(^^)

でも、背骨がひとつずつ、少しずつねじれるから
体をねじる事が出来ます。

これ、立ってやっても、座ってやっても
簡単に他のところを動かしてカバーできる動きなので
ほんとうに、背骨の動きが出ているかわかりにくいんですね

こうして、丁寧に動いてみると普段のねじる感覚と違って
早々に限界が来たりします。
そうすると、げっっとなります(^-^;

これで左右差があったり、極端に動けない方は
ウォーキング、ランニングは、しばしお休みしていただきます。

ねじれない代わりに何かで補っているので良いことナシです。

こんなふうに、ひとつずつ姿勢と動きをひもといていくのが
動作分析であり、機能しなくなったところを再生するトレーニングです。

この土台を整えることは、カラダのためには相当な近道になります。

今日は母の日
運動を頑張っているお母さま方にも
近道して報われてほしいと願うのであります。

 母になってみて、丈夫で長持ちしなくちゃ、と思います。
お母さんたちが健やかでありますように



フジタユミ


5月28日はオープントレーニングの日!
10:00~12:00
原宿スプラウトでやってます。
お気軽にお問合わせください。


カラダのこと、さらに詳しくはメルマガで

~藤田祐美の上質なカラダのメルマガ~

http://www.reservestock.jp/subscribe

フジタユミです!

足首について、深く考えるなんてことないですよね
滅多にない、という方が多いのではないかと思います。

でもでも、何となく違和感を感じる方は、いらっしゃるのではないでしょうか…

足首の関節は色々な方向によく動きますよね
特に大きな動きは、つま先をぐ~っと持ち上げる動きと
つま先をぐ~っと下に伸ばす動きですね

ダンスでは、つま先をぐ~っと持ち上げる動きを「フレックス」
つま先をぐ~っと下に伸ばす動きを「ポイント」と呼んでいます。

しゃがんだ状態もつま先を持ち上げた時と同じような状態になりますよね。
今は見かけない和式のトイレに苦労された方もいらっしゃるかな?

シニア・ご高齢の方は、つまづき対策でつま先上げの運動のご経験が
あるという方は多いのではないでしょうか…

年齢に関係なくつまづく方はいらっしゃいますけどね

この動きを大きくするためには、足首が捻じれていない事が原則です。

普段立っている時、動く時、つま先と膝の向きに注意を向けてみてください。

しゃがむ時、どうなっていますか

お相撲さんのようにつま先も膝も外向きで
しゃがむ方は少ないと思います
ヤンキー座り、みたいな

よく見る動きとしては、つま先は外向き・膝は内向きスタイルがあります。

足首に違和感がある方に試していただきたい事があります。
両膝を立ててみてください。
こんな感じで☟
IMG_20161225_123516

膝は痛くないようにタオルを敷くなどして保護してくださいね

この時の足首の状態に注目です。

足首の機能が狂っていない人は膝・かかと・つま先が一直線上に並んでいます。

足首の機能、もしくは足指、足底筋膜に問題があると
かかとの位置が内か外に外れます。

かかとの位置が内か外に外れる方は、
動く時の足首の働き方に偏りが生じている可能性が考えられます。

そうなっていて生じる不都合は・・・

いちばん可動するはずの状態で
動く事が難しくなります。

足首が正しい動き方を忘れてしまう状態です。

動きに制限はないのに、日頃のクセで正しく動くことを忘れてしまう
という状態です。

足首の働きの中には、バランスをとるという非常にポイントが高い
役割があります。

電車に乗る方は、立っている時に急ブレーキに遭遇したことはありませんか

なんとか足の位置を変えることなく持ちこたえようとしますよね
その時に活躍しているのが股関節と足首です。

一歩踏み出さないように、がんばってバランスを取りませんでしたか

バランスが取れたのなら、股関節と足首のおかげですよ

そういった意味でも、足首は重要

あまり顧みない足首ですが、けっこういい仕事してます(^^)

今月の体験会でも足の裏にアプローチします。
ぜひ一度お試しください

フジタユミ



☆テニスボールひとつでここまでできる!☆
【動作改善トレーニング体験会★寒さに負けない、硬くならないカラダにする方法】

2017年3月19日26日(日) 14:00~15:30 
場所:スプラウト 渋谷区神宮前1-1-8(千駄ヶ谷区民会館となり) 
持ち物:動きやすい服装
    テニスボールの圧が伝わりやすいジャージなどをご持参ください
    (更衣室ございます)
    お持ちならヨガマット 無ければバスタオル
    テニスボ-ルはこちらでご用意します 
参加費:3000円


詳細・お申込はこちらです


 3/19

http://www.kokuchpro.com/event/9df6f918d7f212efc083d2daa84a4063/

 

3/26

http://www.kokuchpro.com/event/c3f82567229fd1cb992a2f4fc7c0ab19/



カラダのこと、さらに詳しくはメルマガで

~藤田祐美の上質なカラダのメルマガ~

http://www.reservestock.jp/subscribe/57712 
 

わずか1分で脚が軽くなる方法をご紹介しました!(^^)!
https://www.youtube.com/watch?v=vmjTsNQWRk8

↑このページのトップヘ