フジタユミ・動作改善トレーニングのblog

体の動かし方は自然に身に付けたものです。ところが痛み、気分、習慣、生活スタイル、で姿勢や動き方は変化します。自身の難病から動作分析に出会いました。そして、今さら知った【体が持つ本来の機能】に驚きました。本来の機能を取り戻せる《動作改善トレーニング》を実践中

体の調子が良くて心の調子が悪くなることは、ほとんどないはず。
動作分析では脳の働きも含めてカラダ全体を見る。

これが人体にとっての当たり前の事だったとは…

カラダを快適に変える《動作改善トレーニング》

タグ:体

こんにちは!動作改善トレーニングの藤田祐美です。

あなたは、ダイエットしたことありますか❓
ダイエットには本格的に決心して、長期にわたって取り組むものから
プチダイエットまで色々ありますね

ダイエット方法がどれだけ多様になった事か

ほんとうに多種多様なダイエット法があるので
何か試してみた方も多いかもしれませんね

8月に息子が口腔外科で手術をしました。
口の中を切って腫瘍を取ったのですが、
術後は痛いやら腫れるやら・・・・

普通の食事に戻るのに約3週間、かかりました。

ダイエット、何をやってもダメなら、これじゃない
と思いましたね・・・

歯科医と提携してダイエット、本当に出てくるかもしれませんね~

ダイエットに限らず結果にコミットメントするのは重要ですね
どんな方法でもできるだけラクに、目的を達成したいのですからね
とにかく「良い結果」が欲しい

どんな方法を選ぶのかは、直観だったり
成功事例だったり、その人の性格かな

この問題を解決できなかったとしたら、どんな状態になるのか
解決したら何が手に入るのか、よ~く考えないといけませんね

直観型のワタクシ、数々失敗もございました・・・・

しかし、動作改善トレーニングは大正解でした
負のスパイラルから、するっと脱出できましたから

今は、同じような経験をされている方に広めています。

それとね、棚からぼた餅っていいですよね~顔がほころびます( ̄▽ ̄)
突然のラッキー
そんな経験ありますか❓

ありましたね、トレーニングにもⅴ
つづきはメルマガでお伝えしますね

それではまた~\(^o^)/
 20160904-DSC_6839



藤田祐美


メルマガ始めました!
よろしければ、もう少し突っ込んだお話しを…
★登録はこちらへ★ 
~藤田祐美の上質なカラダメルマガ~

http://www.reservestock.jp/page/subscribe_form/57712?

 


安易な筋トレを実践していたワタクシからの
メッセージです。
https://www.youtube.com/watch?v=XdksI-yzoNE


動作分析・基礎動作トレーニングのお問合せ先
yumioff9276@gmail.com

こんにちは!動作改善トレーニングの藤田祐美です。

昨日はやっと晴れましたね、洗濯、洗濯でした(^-^)

あなたはどんな日曜日でしたか~❓


さて、話しはころりと変わって・・・
あなたは年齢を基準に考える方ですか

歳相応とか、歳がいもなくって考えますか❓

わたしは、年齢を超えるようなことをする人が好きです
できれば自分もそうありたいです~

母は、父が亡くなって63才で運転免許を取りました。
助手席はヒヤヒヤでしたが、昨年(78才)まで自分で運転していました。
父の遺した車だったから、というのも大きいのですが、
立派なものだと思います(*^_^*)

あなたは「もう歳だから仕方がない」なんて耳にしていませんか

「歳のせいでよくならない」と思ったらよくならないし
「歳だから行けない」と思ったら行けない
「歳だからできない」と思ったらできない

多くの事を歳のせいにできちゃいますからね~
便利に使える言葉です。

老化はします。確実に。ですが、

なんでも歳のせいにしないでね( ◠‿◠ ) です。

そう思うだけで、どれだけ制限されてしまうでしょう
いかんいかん、あなたの能力はもっとあるはずです。

「歳だから仕方ないね」ドクターが口にする場合もあって、
しょんぼりしているご高齢の方を多く見てきました。

それ、「あきらめなさい」ですか
と、ついつい思ってしまいました。

ほんとうに年齢にあらがえない事もありましょう
でも、年齢でひとくくりに出来ることって意外と
少ないんじゃないかと思うんですよ

同じ年齢でもこんなに多様なんですから
都合よく年齢のせいにしているような気がしてしまいます。
自他ともに、です。

「歳だから」は自らを制限する事になりますから外して
ぜひ

歌手のティナターナーさんは73才で結婚(再婚)されましたそうです。
いいですよね~
こういう話し、勇気が出ませんか

年齢に関係なく、できると思ったことはできる

それではまた~\(^o^)/
 20160904-DSC_6839



藤田祐美


メルマガ始めました!
よろしければ、もう少し突っ込んだお話しを…
★登録はこちらへ★ 

~藤田祐美のつらいカラダをラクにするメルマガ~

http://www.reservestock.jp/page/subscribe_form/57712?

 


安易な筋トレを実践していたワタクシからの
メッセージです。
https://www.youtube.com/watch?v=XdksI-yzoNE


動作分析・基礎動作トレーニングのお問合せ先
yumioff9276@gmail.com

こんにちは!動作改善トレーニングの藤田祐美です。

とつぜんではありますが・・・仕事のスタイル、の話しです。
ワタクシ、フリーでダンスの仕事から運動指導は正社員、そして現在フリー
と歩んでおります。

副業が見みとめられるとか、認められなくてもやっているとか
自宅でパソコン1台で仕事するとか、仕事スタイルは刻々と変化しているようですね

あなたはどんな仕事のスタイルですか?!

私が正社員時代、ビックリが色々とありました(ー_ー)!!

色々な人がいて、会社のシステムがあって、社会勉強になりました~

そして、会社勤めで健康でいようと思ったら大変やなぁ・・・と思っていました。
東京の一部のことしかわかりませんけどね

朝夕の通勤がまず、いけません
時間をずらす方もおいでですが、毎日往復4時間ラッシュ真っただ中で通勤しているとしたら、
相当無理をしているか、感じないふりをしているか・・・・
理解できない苦行です(しなくていい苦行じゃないかと・・・)

あと、通勤する人たちの表情がね・・・負のオーラびんびんですもの

何が言いたいかというと、まぼろしの基準(自分の外側の基準)
に合わせて生きている感じがするんですよね

さかのぼること約30年、熊本にいた私は
多くの人が、就職⇒結婚⇒子供⇒マイホーム、と人生がなぜ同じなんだ

と思っていました。

今になってそれはそうか、と思わなくもないのですが、
明らかに少数派なワタシ、を自覚しました。

少数派ラブ

まぼろしの基準って、うっかりすると考えずに受け入れてしまって
基準に合わないと苦しむことになりますよね。

その基準はだいじょうぶなのか

色々考えていたら気付いてしまった・・・なんてことありませんか❓
ひとりパラダイムシフト、と名付けてもいいのかも~

通勤の中にいたら、
「こうして我慢して仕事に行くことがあたり前だと思っていたけど
自分がよれよれになって、ガマンだけの仕事をしているなら
生きる価値はどこにあるんだ・・・」
みたいな集団の声が聞こえてきそうなこと、ありませんか❓

そして、方向転換する人が確実にいますよね

自分の本性に気づくとか 、外側の基準から内側に基準にシフトしていくような

もしひとりパラダイムシフトが起こったら、勇気をもって
そちらにいきたいですよね

わたしは、動作分析でひとりパラダイムシフトしたようです。

がんばりましょ

それではまた~\(^o^)/
 20160904-DSC_6839



藤田祐美


メルマガ始めました!
よろしければ、もう少し突っ込んだお話しを…
★登録はこちらへ★ 

~藤田祐美のつらいカラダをラクにするメルマガ~

http://www.reservestock.jp/page/subscribe_form/57712?

 


安易な筋トレを実践していたワタクシからの
メッセージです。
https://www.youtube.com/watch?v=XdksI-yzoNE


動作分析・基礎動作トレーニングのお問合せ先
yumioff9276@gmail.com

こんにちは!
動作改善トレーニングの藤田祐美です。

今日は人生の波について~

人生の波が大きい人、小さい人
あなたはどちらですか❓

もちろん大も小もありますよね

人生の波には、病気と人とお金(仕事)が絡む、と多くの人が言っています。

大病すると突然大波が来る感じがします。
癌は3人に1人という話しですし
難病もありますし、薬害だってあります。

ずっと前に読んだ、よしもとばななさんの本に「病気だけど元気です」
という言葉があり、響きました。

高校生の時からの持病もあるんですけど、まさにこれだ~と思ったのでした。


これって確信からくるのではないかな・・・

私は大丈夫、って確信の持てる状態を作ると、自信が持てる。病気でも。

どこから確信が来るのかは人それぞれですね~
軽く見積もる、とは違う・・・
(ウッカリやってしまいそうですけどね

確信している私、ってすごい力を秘めていそうです。
確信のタネくらいでも、持っていたら・・・

人生の大波にものって行けそうなイメージが浮かびます~
 
確信を持っている友人母娘がいます。
子宮頸がんのワクチンの副反応で、とてもつらい経験をしている。

日々、確信が強まることを祈り、応援しています。

母娘の生き方に、なんというか、根っこにある愛を見ては
ブレーキがかかります。
ついつい利害に走り、勝手な言い分をまき散らしそうになるから・・・
ちっちぇ~

20160904-DSC_6839

それではまた~\(^o^)/

藤田祐美


☟体験会のお知らせです☟


あなたはどう動いているのか?
【体験会★知らないと損するカラダの基礎知識★動作編】 

日時:2016918日(日) 

1400分~1530分(1345分開場)        

場所:シェアスペース                                     住所:渋谷区神宮前1-1-8 
KEN HARBOR HARAJYUKU 1F(
千駄ヶ谷区民会館となり)



☟詳細はこちらです☟予定に入れてね(^o^)丿
 http://www.kokuchpro.com/event/ef36e5f303ec8ec765aec8592143a8cd/




メルマガ始めました!
よろしければ、もう少し突っ込んだお話しを…
★登録はこちらへ★ 

~藤田祐美のつらいカラダをラクにするメルマガ~

http://www.reservestock.jp/page/subscribe_form/57712?

 


安易な筋トレを実践していたワタクシからの
メッセージです。
https://www.youtube.com/watch?v=XdksI-yzoNE


動作分析・基礎動作トレーニングのお問合せ先
yumioff9276@gmail.com

こんにちは!
動作改善トレーニングの藤田祐美です。

本日、体験会【知らないと損するカラダの基礎知識★関節編】を開催します。

そこで、関節に関するエピソードをひとつ。

ワタクシ、なで肩ではないのです。
バレリーナは首肩のラインがスッキリしていますね

バレエを一生懸命やっていた時の事・・・・
毎日必ず、「肩に力が入っている」「肩
と注意を受けていました。

本人はそんなつもりはなく、逆にいつも注意を払っていると思っている。

でもある日、いつも以上に注意を受ける。「肩」何度も・・・

その日の帰り道、肩・肩・肩と思っていたら・・・・
ゴン‼と肩が抜けた

反射的に戻す

なんだ今のは

脱臼❓❓

それから、自由にはずせる肩関節~

そして、お仲間もいた

やはりダンサーです。(ダンスが原因ではないと思いますよ

それだけなら良かったのですが、近年になって痛くなり、動きが悪くなり
今となっては、一番の課題でございます

あまりの左右差なので、普段の動作に影響は大きいです。
でも、回復はしている~

かなり特殊な例だと思いますが、こんなことも起こるのね~という話でした。


体験会【知らないと損するカラダの基礎知識★関節編】

お気軽にご参加ください。お待ちしています~~\(^o^)/

藤田祐美


☟体験会のお知らせです☟


あなたの関節は大丈夫?
【体験会★知らないと損するカラダの基礎知識★関節編】 

日時:201694日(日) 
1400分~1530分(1345分開場)   

あなたはどう動いているのか?
【体験会★知らないと損するカラダの基礎知識★動作編】 

日時:2016918日(日) 

1400分~1530分(1345分開場)        

場所:シェアスペース                                     住所:渋谷区神宮前1-1-8 
KEN HARBOR HARAJYUKU 1F(
千駄ヶ谷区民会館となり)



☟詳細はこちらです☟予定に入れてね(^o^)丿
9/18  http://www.kokuchpro.com/event/ef36e5f303ec8ec765aec8592143a8cd/

9/4  http://www.kokuchpro.com/event/e983f08bb70fd2646e11c4da4e97cdc9/



メルマガ始めました!
よろしければ、もう少し突っ込んだお話しを…
★登録はこちらへ★ 

~藤田祐美のつらいカラダをラクにするメルマガ~

http://www.reservestock.jp/page/subscribe_form/57712?

 


安易な筋トレを実践していたワタクシからの
メッセージです。
https://www.youtube.com/watch?v=XdksI-yzoNE


動作分析・基礎動作トレーニングのお問合せ先
yumioff9276@gmail.com 

↑このページのトップヘ