フジタユミ・動作改善トレーニングのblog

体の動かし方は自然に身に付けたものです。ところが痛み、気分、習慣、生活スタイル、で姿勢や動き方は変化します。自身の難病から動作分析に出会いました。そして、今さら知った【体が持つ本来の機能】に驚きました。本来の機能を取り戻せる《動作改善トレーニング》を実践中

体の調子が良くて心の調子が悪くなることは、ほとんどないはず。
動作分析では脳の働きも含めてカラダ全体を見る。

これが人体にとっての当たり前の事だったとは…

カラダを快適に変える《動作改善トレーニング》

タグ:バレエ

フジタユミです!


そのカラダの問題…
原因は拍子抜けするくらい足元に、あるのかもしれません

もしもあなたが、一生懸命取り組んでいることについて
◆同じことを注意され続けている(スポーツやダンスで、コーチや先生から)
◆似たようなミスが多い(ゴルフなんてわかりやすい(^-^;)
◆いつも決まったところに痛みが出る

こんなことが続いているのなら…
関節の可動域を見てみてください。

関節だけを、シビア~に見てください
基準はネットで出てきます。

http://www.japanpt.or.jp/upload/jspt/obj/files/publiccomment/4_rom_20140612.pdf


本当は、姿勢と動き方もチェックしたいところですが…
もしも、そもそもムリがあったよね~
という状態で取り組んでいたとしたら…

あなたの努力が足りないわけでも
ましてやセンスが悪いわけでもない

ですよね…

関節の動きが悪かっただけ、なんて~
ふか~く悩んでいる人なら、コントのようにカクっとなると思います(^^)

先日のバレエを頑張っているティーンエイジャーの
動作分析と動作改善トレーニングで強く確信したのでした。

自戒を込めて、なんですが…
ダンスをやっていた時も運動指導していた時も
関節の可動域を確かめるなんて、やっていなかったのです。

でも、どれだけの影響がありましょう!

そして、多くの人はそれを認識しないまま、生きているのですからね

例えば、あがらない腕をムリにあげてゴルフをしていたら
こんな場合は、動きの少ない肩関節の代わりに、
私たちは、どこかの別な動きで補うんですから
軸がぶれるのは、もっともなことですよね
sunset-787826_640 (3)

で、軸がぶれないように~~~って練習を積む
そりゃよくなりませんよね(^-^;

サクッと解決できるはずの事に
悩んで、試行錯誤して、結果は変わらなくて・・・

ってなことになる

恐るべしですよ、関節可動域
ある意味、単純すぎる…

ピンときたら
一度確認することをおススメいたします(ー_ー)!!

ことに、首・肩・股関節・足首

まずはここから~

さて、☟こちらでは関節可動域にも影響する筋膜です☟

【筋膜リリースレッスン

2017 7月23日(日)10:15~11:45
西荻窪:hana
参加費:3500円

お申込みはこちらです

https://ssl.form-mailer.jp/fms/021ef400511934



よろしければ、メルマガのご登録、よろしくお願いいたします☆
https://www.reservestock.jp/subscribe/57712

フジタユミです!

この数日、バレエについて考えていたら
小学生の頃、バレエ教室に私より前から通っていた
お友達のことを思い出していました。

当時、不思議な感覚で「どうしてこの子は上手にならないの?」
と思っていたのです。
意地悪じゃないんですよ、不思議な感覚です。

素朴な疑問・・・
同じレッスンを受けているのにどうして?

トウシューズで立つ事がままならない子でした。
でもトウシューズをはいてレッスンしていました。
755b3124386df6e5efd814b34295537b_s

当時は、1年くらい通うとトウシューズを渡されます。
私の場合、足首が強くて甲も伸びたので、比較的あっさり立てたんですね。

つま先立ちになる時は、体が真上に乗らないと安定しないのですが
その子は乗り切れずに斜め立ちの状態だったんです
しっかり立てない・・・

立てないけど履いていなくてはいけない
なんとも痛々しいわけです。

先生方も特に指導しているわけではなく・・・

やっているうちに出来るようになる次元ではない事は
感じていました。

今にして思えば、本当にかわいそうです(T_T)
きっと脚は酷使されていたでしょうね

一方でただグニャグニャと甲が柔らかくても難しいんです

これこそ、柔軟性と足首の安定性を兼ね備えていないと
コントロールが効かないのです

そして、足首だけの問題ではない事は、今だからわかる事

むかしはそんな風景がありました。
格段にレッスンや情報が進化した今
同じようなことが、どうかありませんように・・・


☟今週末、よろしければお越しくださいませ
☆テニスボールひとつでここまでできる!☆
【動作改善トレーニング体験会★寒さに負けない、硬くならないカラダにする方法】

2017年3月19日26日(日) 14:00~15:30 
場所:スプラウト 渋谷区神宮前1-1-8(千駄ヶ谷区民会館となり) 
持ち物:動きやすい服装
    テニスボールの圧が伝わりやすいジャージなどをご持参ください
    (更衣室ございます)
    お持ちならヨガマット 無ければバスタオル
    テニスボ-ルはこちらでご用意します 
参加費:3000円


詳細・お申込はこちらです


 

3/26

http://www.kokuchpro.com/event/c3f82567229fd1cb992a2f4fc7c0ab19/



それではまた~


フジタユミ


カラダのこと、さらに詳しくはメルマガで

~藤田祐美の上質なカラダのメルマガ~

http://www.reservestock.jp/subscribe/57712 
 

わずか1分で脚が軽くなる方法をご紹介しました!(^^)!
https://www.youtube.com/watch?v=vmjTsNQWRk8

おはようございます。
藤田祐美です

日暮れが早くなりましたね~
涼しさが増して、あちこちでくしゃみが聞こえています

「風邪は通過するもの」と仰っているのは野口体操の野口先生です。

通り過ぎるのを待てば、自然と治りますよね。
でも、待てないんだな~これが

あなたは風邪をひいたかな、というとき何をしますか❓

私は寝ます
熱が出れば、すぐ下げたい。即、解熱剤を飲む。と言う方、多いんでしょうか❓
多いでしょうね
自分の体より優先したい予定がありますしね(^-^;

薬を飲まずに自然に任せる方も、もちろんいらっしゃるのですが
仕事、お勤めが優先、という方が大多数なのでは

そして~カラダの痛みにも同じような対応になりませんか?

舞台に出ていた頃は、当然ながら舞台が最優先でした。
そのむかし、バレエの発表会直前に、仲間のひとりが
トウシューズで出来たマメ(大)が破けて、触るのも痛い生傷に
普通の靴すらはけない・・・

でも踊らなければいけない

どうしたと思います

あまり聞いたことがない、方法です・・・

なんだと思いますか~❓❓

傷に・・・直接・・・・ある物を貼ったのです

それは・・・・


ナマ肉

しかも牛が良いということで・・・

彼女は無事、舞台に立てたのでした。

しかし、この方法が本当に効くのか
害はないのか、まったくわかりません


待てない話し、次に続きます。
 
それではまた~\(^o^)/


 20160904-DSC_6839


藤田祐美



★メルマガ登録はこちらへ★ 

~藤田祐美の上質なカラダのメルマガ~

http://www.reservestock.jp/subscribe/57712


安易な筋トレを実践していたワタクシからの
メッセージです。
https://www.youtube.com/watch?v=XdksI-yzoNE


動作分析・基礎動作トレーニングのお問合せ先
yumioff9276@gmail.com

藤田祐美です。

動作分析後にどんなトレーニングをするか、が今回のお話です。

人それぞれの優先順位があるのですが、大きな流れは・・・

まず、硬くなっているところを、ほぐします。
ほぐした後にストレッチをして、動きやすい状態にします。

これが第一歩になります。

硬くなっているところが多い方は、ほぐしに時間をかけます。

忘れもしない、初めてのトレーニング

ワタクシ、かなり全身が硬くなっておりましたので、
スッキリを通り越して、抜け殻になりましたね・・・

あ、ご心配なく(^-^;抜け殻は一時的なもので
必要な過程でございます

ストレッチも弛緩した状態ではなく
ハリというかテンションを保った状態でストレッチします。

なぜか

日常生活の中で、弛緩した状態って・・・
寝ている時か、だらんと座っている時ですよね
その時、カラダの伸びやかさは問われるんでしょうか・・・・

そうそう、どんな場面で伸びやかさがあればいいのか?
と考えると、弛緩している状態ではない、ですよね

ダンスのウォーミングアップでは、力を抜いて可動範囲を広げるものもあります
実際に、ストレッチをすると伸びはいいけれど、踊るとなるとそこまで使えない
という事が起こります。

なので、ダンスやバレエをしている人は
ハリを持ったストレッチを取り入れて、
使える伸びやかさを習得されると良いですね

脚が高く上がるとか、美しく反れるとか、そこにこだわらなくていいスタイルの
ダンスもありますが、バレエの場合そうも言ってられませんからね
美しいラインと言えば、フラメンコもそうでしょう

カラダ硬めのダンサーはレッスンと並行して、
このタイプのストレッチをおススメします~

ヨガの場合もそうした❕
硬い人は限界を感じるポーズがあるはずです。
これ以上無理って

それは、正しい認識なのでそれ以上頑張ると
全体が崩れます。

もっと伸ばしたい~と思うなら、やはり
ハリ、テンションを保ったストレッチが良いですよ


あなたはどんな時に、伸びやかだったらいいな~と思いますか?

まず、姿勢を保てて、日常生活に支障がないくらいの
伸びは最低でも必要です

本日はトレーニングの第一歩をお伝えしました

 
まだまだ一般的とは言いがたい動作改善トレーニング
あなたのカラダにどんな効果があって、どんなことがよくなるのか
お茶しながらの無料相談会を実施することにしました~

こちらからメルマガ登録してくださった方から、先着3名様の募集
あと1名様になりました。お早めにどうぞ👇

~藤田祐美の上質なカラダのメルマガ~

http://www.reservestock.jp/subscribe/57712

それではまた~\(^o^)/


 20160904-DSC_6839


藤田祐美



★メルマガ登録はこちらへ★ 

~藤田祐美の上質なカラダのメルマガ~

http://www.reservestock.jp/subscribe/57712


安易な筋トレを実践していたワタクシからの
メッセージです。
https://www.youtube.com/watch?v=XdksI-yzoNE


動作分析・基礎動作トレーニングのお問合せ先
yumioff9276@gmail.com

↑このページのトップヘ