フジタユミ・動作改善トレーニングのblog

体の動かし方は自然に身に付けたものです。ところが痛み、気分、習慣、生活スタイル、で姿勢や動き方は変化します。自身の難病から動作分析に出会いました。そして、今さら知った【体が持つ本来の機能】に驚きました。本来の機能を取り戻せる《動作改善トレーニング》を実践中

体の調子が良くて心の調子が悪くなることは、ほとんどないはず。
動作分析では脳の働きも含めてカラダ全体を見る。

これが人体にとっての当たり前の事だったとは…

カラダを快適に変える《動作改善トレーニング》

タグ:ストレッチ

フジタユミです

あたり前ですが、誰でも老化しますよね
あなたは自分がどんな老人になるか
具体的なイメージはお持ちですか

カラダの老化については、いろいろな統計があります
筋肉のピークは何歳だ~
筋肉量はこんなふうに減っていく~
骨量も同様に~

脳に関する研究も、すごぉ~く進んでいますが
脳については、年齢に関係なく鍛えれば脳は成長し続ける
というのが新たな考え方のようです。

https://wired.jp/2013/10/09/brain-aging/


ワタクシ、ご高齢の方を多く見てきました。
カラダも認知レベルも実に様々です。

運動や脳トレを、受け身でやるより
自分でイメージすることが大事なのでは
と考え始めました。

わたしの個人的な目標は、「姿勢を崩さない」です
日々、自分のカラダで人体実験を進めています

と言いますのは、姿勢の崩れの始まりは多分ほんのわずかな崩れから
それこそミリ単位のちょっとしたことです。

30代で老人に見える方もおられます
80代で50代に見える方も、いらっしゃいますね
カルメン・デロリフィチェさん82才の時
o-CARMEN-570

引用:http://www.huffingtonpost.jp/2013/07/10/carmen_dell_orefice_you_magazine_photo_n_3570987.html

もっと見る~(^^♪

カルメン・デロリフェチェさん 86

https://www.persol-group.co.jp/special/iconicworkers/cd/life-story.html


ダフネ・セルフさん 89

https://diet.news-postseven.com/3306



美しく機能するカラダのおばあさんになりたいものです
カラダについて、具体的なイメージを持つのも
アンチエイジングではないかと思います。

具体的なイメージを持たないと、自分の頭にある
いままで見てきた「いかにも老人」にすなお~に
なっていきそうに思います。

具体的にイメージすることは簡単ですよね

具体的にイメージしたら、強烈にイメージする

思った通りの自分になるらしいですからね~

受け身ではなく、自分でイメージ

本日は、そんなイメージにもつながる
トレーニングの体験会です。


赤羽さん
【あなたに1番必要なトレーニングがわかる体験会】

詳細:http://karadanohanashi.blog.jp/preview/edit/edf9e5dec756e17a645ad2fb6a752027



そして、8月20日には阿佐ヶ谷で
筋膜リリース⇒コア⇒ストレッチのレッスンです
0723西荻窪

詳細:http://ameblo.jp/ichijiku-ninjin/entry-12295397987.html



それでは、きょうも快適な1日をお過ごしください❢



☆よろしければ、メルマガのご登録、よろしくお願いいたします☆
https://www.reservestock.jp/subscribe/57712

フジタユミです!

23日、日曜日は西荻窪で筋膜リリース+コアレッスンを開催しました。

筋膜リリースレッスンの2回目です。

今回は、筋膜リリースのコアの反射をプラス
0723西荻窪
前回、今回と続けてご参加くださった方の身体に嬉しい変化が♡
もう限界、整体に行かなきゃ
という状態にならなくなったとご報告してくださいました~

わかります、わかります

もうムリ、限界カラダが痛いし辛い~という状態

それがなくなったと

本当に、嬉しいご報告でした💛

あなたも経験ありますか

私はありました(^^ゞ
以前は、あって当然よね?くらいに思っていました(^-^;

良いカラダの状態なら、そうそうガタが来るものではない事が
今になってわかりました。

ニンゲンのカラダは本当によくできています
まさに神業ですね

さて、コアの事です❢
動こうとする時に、コアは1番に反射するものなんです。
様々な要因で、反射が1番に発動しなくなると
体幹を支えられないまま、他の筋肉が先に発動して
動き方を狂わせ、筋肉や関節に痛みが出るようになります。

コアに問題がある場合は
コアが1番に反射するようにすれば
痛みにさよなら~の確率は上がります

コアの反射はトレーニングで改善できます

うまく使って丈夫で長持ちしましょ

次回は筋膜リリースからコア、か~ら~の~ストレッチにつなげます(^^♪
ストレッチにも差がつきます!(^^)!

8月20日(日)午前です
詳細は追ってお知らせいたします~

それでは、快適な1日をお過ごしください❢



☆よろしければ、メルマガのご登録、よろしくお願いいたします☆
https://www.reservestock.jp/subscribe/57712








おはようございます

藤田祐美です

すっかり冬支度ですね
寒いとカラダも硬くなったような感覚がありませんか❓

カラダが硬くなったと感じたら
暖かくして、のばしたいですね

ん、暖かくしてじっとしていたい方もいらっしゃるかな

冷えると
カラダは硬くなる、と言われています
硬くなるだけではなく、代謝も滞る、めぐりが悪くなる

「頭寒足熱」の起源がいつなのか、わかりませんが
先人はこんな言葉で、私達に知恵を残してくれてるんですね

寒い時は、急激に伸ばしては良くなさそうですよね
カラダのセンサーが、そう教えてくれているのではないかな

とても、びよ~んと伸ばしたい気分にはならないでしょう…

カラダに聴きながら、というのはよさそうですよね 

ここで、注意したいのは

カラダの声を聴く
「どうしたい?」
「どう動きたい?」

これができれば、カラダと仲良くできそうですよね

しかし…

カラダが嫌がることの中に
「痛かったときの記憶」

が含まれることを頭に入れておいてください
「私の記憶」 ではなく「カラダの記憶」

ですから…

私は忘れているけど、カラダは覚えている状態です

カラダが嫌がる痛かったときの記憶がある場合、
カラダの声を聴いているとますます偏っていく事になります。

カラダの声を聴く、カラダからの信号をキャッチする
にもこんな落とし穴がある、クールな頭に入れておくと
役立つことがあるかもしれません

それでは、暖かくしてよい週末をお過ごしください(^o^)丿

それではまた~\(^o^)/


 20160904-DSC_6839


藤田祐美


もっと詳しくは、メルマガで

~藤田祐美の上質なカラダのメルマガ~

http://www.reservestock.jp/subscribe/57712


腰痛の原因が違う所にあるかもしれない話しをしています

https://www.youtube.com/watch?v=z0q1p4eQdhk


動作分析・基礎動作トレーニングのお問合せ先
yumioff9276@gmail.com

おはようございます

藤田祐美です

ストレッチのご経験、ありますか?

その時の目的はなんでしたか?

カラダが硬くなっているのを自覚して・・・

伸ばすと気持ちいいから

準備運動として

ストレッチには2タイプあるのをご存知でしたか❓

私は動作分析を受けるまで、知りませんでした~

知らずにやっていましたが、私の目的は、可動域を広げたかった

脚は上がるように、背中は反れるように、体はうんと捻じれるように

なりたくてやっていたのでした。


2タイプというのは、いわゆるリラックス効果を狙うタイプと
実用的なストレッチです。


・緩めて伸ばす
伸びて気持ちいい~リラックス効果

・張りをもって伸ばす
実際の場面で効果を発揮する


どちらを目的にしていましたか❓
目的に合っていた方が良いですよね

ストレッチする時の動かし方を見返してもらえばすぐにわかります

ダラ~んと伸ばすか

張りをもって伸ばすか

これだけです

これだけですが、意識せずにやっていることが多いかも~と思うところです

準備運動とクールダウンにも同じことが言えそうです
準備運動は張りをもって、クールダウンはリラックス


ということは、やるタイミングも考える事が出来ます

寝る前は一日の中で最も疲れが出ている時ですから
リラックスタイプのストレッチが

実用的なストレッチをしたいなら
疲れていない時間帯をえらぶといいですね

張りを持ったストレッチは意外にも高度でございますよ~



それではまた~\(^o^)/


 20160904-DSC_6839


藤田祐美


もっと詳しくは、メルマガで

~藤田祐美の上質なカラダのメルマガ~

http://www.reservestock.jp/subscribe/57712



安易な筋トレを実践していたワタクシからの
メッセージです。
https://www.youtube.com/watch?v=XdksI-yzoNE


動作分析・基礎動作トレーニングのお問合せ先
yumioff9276@gmail.com

藤田祐美です。

動作分析後にどんなトレーニングをするか、が今回のお話です。

人それぞれの優先順位があるのですが、大きな流れは・・・

まず、硬くなっているところを、ほぐします。
ほぐした後にストレッチをして、動きやすい状態にします。

これが第一歩になります。

硬くなっているところが多い方は、ほぐしに時間をかけます。

忘れもしない、初めてのトレーニング

ワタクシ、かなり全身が硬くなっておりましたので、
スッキリを通り越して、抜け殻になりましたね・・・

あ、ご心配なく(^-^;抜け殻は一時的なもので
必要な過程でございます

ストレッチも弛緩した状態ではなく
ハリというかテンションを保った状態でストレッチします。

なぜか

日常生活の中で、弛緩した状態って・・・
寝ている時か、だらんと座っている時ですよね
その時、カラダの伸びやかさは問われるんでしょうか・・・・

そうそう、どんな場面で伸びやかさがあればいいのか?
と考えると、弛緩している状態ではない、ですよね

ダンスのウォーミングアップでは、力を抜いて可動範囲を広げるものもあります
実際に、ストレッチをすると伸びはいいけれど、踊るとなるとそこまで使えない
という事が起こります。

なので、ダンスやバレエをしている人は
ハリを持ったストレッチを取り入れて、
使える伸びやかさを習得されると良いですね

脚が高く上がるとか、美しく反れるとか、そこにこだわらなくていいスタイルの
ダンスもありますが、バレエの場合そうも言ってられませんからね
美しいラインと言えば、フラメンコもそうでしょう

カラダ硬めのダンサーはレッスンと並行して、
このタイプのストレッチをおススメします~

ヨガの場合もそうした❕
硬い人は限界を感じるポーズがあるはずです。
これ以上無理って

それは、正しい認識なのでそれ以上頑張ると
全体が崩れます。

もっと伸ばしたい~と思うなら、やはり
ハリ、テンションを保ったストレッチが良いですよ


あなたはどんな時に、伸びやかだったらいいな~と思いますか?

まず、姿勢を保てて、日常生活に支障がないくらいの
伸びは最低でも必要です

本日はトレーニングの第一歩をお伝えしました

 
まだまだ一般的とは言いがたい動作改善トレーニング
あなたのカラダにどんな効果があって、どんなことがよくなるのか
お茶しながらの無料相談会を実施することにしました~

こちらからメルマガ登録してくださった方から、先着3名様の募集
あと1名様になりました。お早めにどうぞ👇

~藤田祐美の上質なカラダのメルマガ~

http://www.reservestock.jp/subscribe/57712

それではまた~\(^o^)/


 20160904-DSC_6839


藤田祐美



★メルマガ登録はこちらへ★ 

~藤田祐美の上質なカラダのメルマガ~

http://www.reservestock.jp/subscribe/57712


安易な筋トレを実践していたワタクシからの
メッセージです。
https://www.youtube.com/watch?v=XdksI-yzoNE


動作分析・基礎動作トレーニングのお問合せ先
yumioff9276@gmail.com

↑このページのトップヘ