フジタユミ・動作改善トレーニングのblog

体の動かし方は自然に身に付けたものです。ところが痛み、気分、習慣、生活スタイル、で姿勢や動き方は変化します。自身の難病から動作分析に出会いました。そして、今さら知った【体が持つ本来の機能】に驚きました。本来の機能を取り戻せる《動作改善トレーニング》を実践中

体の調子が良くて心の調子が悪くなることは、ほとんどないはず。
動作分析では脳の働きも含めてカラダ全体を見る。

これが人体にとっての当たり前の事だったとは…

カラダを快適に変える《動作改善トレーニング》

2016年10月

おはようございます

藤田祐美です

ストレッチのご経験、ありますか?

その時の目的はなんでしたか?

カラダが硬くなっているのを自覚して・・・

伸ばすと気持ちいいから

準備運動として

ストレッチには2タイプあるのをご存知でしたか❓

私は動作分析を受けるまで、知りませんでした~

知らずにやっていましたが、私の目的は、可動域を広げたかった

脚は上がるように、背中は反れるように、体はうんと捻じれるように

なりたくてやっていたのでした。


2タイプというのは、いわゆるリラックス効果を狙うタイプと
実用的なストレッチです。


・緩めて伸ばす
伸びて気持ちいい~リラックス効果

・張りをもって伸ばす
実際の場面で効果を発揮する


どちらを目的にしていましたか❓
目的に合っていた方が良いですよね

ストレッチする時の動かし方を見返してもらえばすぐにわかります

ダラ~んと伸ばすか

張りをもって伸ばすか

これだけです

これだけですが、意識せずにやっていることが多いかも~と思うところです

準備運動とクールダウンにも同じことが言えそうです
準備運動は張りをもって、クールダウンはリラックス


ということは、やるタイミングも考える事が出来ます

寝る前は一日の中で最も疲れが出ている時ですから
リラックスタイプのストレッチが

実用的なストレッチをしたいなら
疲れていない時間帯をえらぶといいですね

張りを持ったストレッチは意外にも高度でございますよ~



それではまた~\(^o^)/


 20160904-DSC_6839


藤田祐美


もっと詳しくは、メルマガで

~藤田祐美の上質なカラダのメルマガ~

http://www.reservestock.jp/subscribe/57712



安易な筋トレを実践していたワタクシからの
メッセージです。
https://www.youtube.com/watch?v=XdksI-yzoNE


動作分析・基礎動作トレーニングのお問合せ先
yumioff9276@gmail.com

おはようございます

藤田祐美です


あなたは、<認識>と<現実>にズレを感じますか

おやと感じることは、カラダの事だけではありませんよね

対人関係でもよく起こる~( ̄ー ̄)

【声】も録音されたものに多くの人が違和感をかんじますしね~

ここでは、姿勢や動作について、なんですが

おススメの手のかからない実験

鏡の前に立ちます
▼   ▼
目を閉じます
▼   ▼
手を横に水平にあげてみます(認識)
▼   ▼
目を開けて、見る(現実)

これだけです~


この時のチェックポイントは、高さだけでなく

前後のズレもみてください

そして、縦軸も

ズレていたら、改善したいわけですが

注意するのは

縦軸と横軸を意識すること

水平にばかり気を取られてはいけません(^-^;

縦軸が曲がっている、ねじれているのに横軸を修正しようとすると・・・

間違えた横軸になってしまいますから

縦軸が先です

縦軸あっての横軸


そうそう、世阿弥の「離見の見」をご紹介しましたが
離見が正しいことが前提ですね

これ、ズレが生じる可能性大

ズレない事が
重要でもありますね~

そのためには、どうしたらいいか・・・・

日々意識するしかない

と思っています。

チェックをおこたらない
ズレを小さくしていく

すると、離見からフィードバックすることも可能になる

わけですね~

今日もチェックプリーズ、です(*^_^*)


それではまた~\(^o^)/


 20160904-DSC_6839


藤田祐美


もっと詳しくは、メルマガで

~藤田祐美の上質なカラダのメルマガ~

http://www.reservestock.jp/subscribe/57712



安易な筋トレを実践していたワタクシからの
メッセージです。
https://www.youtube.com/watch?v=XdksI-yzoNE


動作分析・基礎動作トレーニングのお問合せ先
yumioff9276@gmail.com

おはようございます

藤田祐美です

あなたは、ご自身のベストな姿勢をご存知ですか

写真を撮る時の美しく見えるポーズ、的なものではなく
あくまでも身体的に、です。

カラダに負担がかからない、正しい立ち方・座り方

こと、座り方に関しては電車の中で、突っ込みを入れたくなる人がたくさん、ね

立ち姿勢も、ですけど

だからこそ、姿勢が美しい人は目立ちます


ここで、ポイントがひとつあります。

自分の感覚と、実際の姿勢ってぴったり合っていると思いますか

自分の体が今、どうなっているか
<認識>と<現実>にズレ、はありませんか

私は、ズレます(^o^)丿

固有感覚の問題もからむと思うのですが
ずいぶん前から、あるあるです(^-^;

何年もの間、踊っている姿を撮影してあとで見返す、という作業を
繰り返し続ける中で、このギャップはなかなかに、完全には一致しませんでした。

イメージでは、空間の中に、こんなラインを創っているつもり~
なんですが、【理想と現実の不一致】がおこります

まぁその頃は、1センチでもズレていたらアウト❕と思っていました
そして、そのギャップをゼロに近付けていきました

ダンスの時は撮影しているのでわかるのですが
日常的には・・・

やはりトレーニングをして確認・修正が必要と感じます

今はスマホやSNSがあるので、以前より自分の姿を
客観的に見る機会が増えていますよね

見たことありますか~❓

ありますよね~

どう思いましたか~


げっっと思ったことのある、あなた❢

何か手は打ちましたか~

正しい姿勢を認識しておく事と、実際の姿勢とズレを少なくする事は
カラダのストレスを軽くします

そして、美しい姿勢や立ち振る舞いを目指す人なら
感覚として持つのは必須 さらに言えば研ぎ澄ませていくものでしょう

研ぎ澄ますというのは、
自分の姿を俯瞰で見れる、うしろからも横からも見れる
状態ですね

世阿弥が言うところの

離見の見(りけんのけん)
 http://www.kanze.net/index.php?id=171


自分が出ている舞台を客席から観ているような感じ

姿勢や振る舞いだけでなく、 人間模様も見えますし
イベントを仕切る時は、これがないといけません

 技術というより「慣れ」だと思います~

まず立ち姿、座った姿勢を前横うしろから撮ってみて見るだけ・・・

<認識>と<現実>

ずれてませんか❓


それではまた~\(^o^)/


 20160904-DSC_6839


藤田祐美


もっと詳しくは、メルマガで

~藤田祐美の上質なカラダのメルマガ~

http://www.reservestock.jp/subscribe/57712



安易な筋トレを実践していたワタクシからの
メッセージです。
https://www.youtube.com/watch?v=XdksI-yzoNE


動作分析・基礎動作トレーニングのお問合せ先
yumioff9276@gmail.com

おはようございます

藤田祐美です

突然ですが、あなたは脚を組みますか

脚を組んだことがない人はいないのではないかと思いますが・・・
なぜ人は脚を組むんでしょうか❓

と思いまして・・・・

結論から言えば、脚は組まない方が良い
なぜかというと、歪んでいる、偏った姿勢だから

なんですが、脚を組むのは
西洋問わず、遠い昔から人間の動作なんですよね

美術が好きな方なら、絵の中に脚を組んだ人物がいる作品が頭に浮かぶのでは❓!
歴史的には、相当古い作品から脚を組んだ人物を見つけることができそうです

中国では行儀の悪いポーズ、になっているみたいですが
今もそうなのか、どうでしょうね・・・

モデルさんのポーズにも多いですね、魅力的に見えるし
脚がキレイに見えます


一般的には、組みたくなる理由として・・・

既にゆがんでいるから⇒常に同じ組みかたなら、その可能性が大きいですね
心理的⇒目の前に「誰か」がいる場合にはよく言われますね~
筋肉の硬さ・安定のなさ⇒これらを補おうとしている可能性が考えられます

そして・・・
子供はあまり脚を組みません

2~3才の子供の背中ってキレイなんですよね
最近では見惚れてしまいます

安定感も素晴らしい

それとも関係があると感じます。


脚を組むのをやめたい、と思った時に
できる事といえば・・・


気が付いたら、やめる

▼できれば▼
  歪みを取る

▼もう少し突っ込んで▼
 ゆがむ原因をみつける

▼そのためには▼
   動作分析

なんて、手前味噌な~( ̄▽ ̄)

でも、歪んだ体になりたくないなら、
すでに歪んでいる感覚があるならおススメします。


それではまた~\(^o^)/


 20160904-DSC_6839


藤田祐美




安易な筋トレを実践していたワタクシからの
メッセージです。
https://www.youtube.com/watch?v=XdksI-yzoNE


動作分析・基礎動作トレーニングのお問合せ先
yumioff9276@gmail.com

おはようございます

藤田祐美です

動きのクセは誰にでもあります。

と、前回からの続きです。


例えば・・・膝を曲げがちの人、がいたとします
その人は

「膝が硬くなって伸びなくなってきたわ~」

と思っている。

そしてトレーニングの時に「膝が硬くなって伸びなくなってきた~」と、
言われた場合、以前の私は【裏側のストレッチ】一辺倒でした。

今は・・・・

膝が伸びなくなる理由として

バランスの不安定さ
コアの弱化
股関節の可動性低下
足首の可動性低下
ももの硬さ
脚の筋力のアンバランス
筋膜の癒着
膝関節周辺組織の伸びにくさ
過去のケガ・既往

は頭に入れて分析結果を検証します。
動作分析をすると、もっと別のところにたどり着くかもしれません

思い込まない
分析の結果を見るまで予想しない

思い込んでいると、知らず知らずに盲点が出来るので
これを肝に銘じています。


あなたは、今の私と以前の私、どちらにトレーニング受けたいと思いますか

こたえは明確ですよね・・・・

ですが、【膝が伸びなくなってきた】への対応は、
伸ばそうとすることが多いというのが現状です・・・

教育の課題だと感じます・・・
(中学生くらいから、カラダの知識を学べば相当健康度はアップするでしょうね)

そして、いつも膝を曲げている人が
「膝が硬くなって伸びなくなってきた~」

と言った時に本人の感覚は「膝が硬くなって伸びなくなってきた」
でも、実は「膝を曲げざるを得ない状態」からそうなってしまった可能性もあります。

本人が癖だと思っている事の中には、
カラダがやむを得ず、選んでいることもあるんですね~


もっと詳しくは、メルマガで

~藤田祐美の上質なカラダのメルマガ~

http://www.reservestock.jp/subscribe/57712



それではまた~\(^o^)/


 20160904-DSC_6839


藤田祐美




安易な筋トレを実践していたワタクシからの
メッセージです。
https://www.youtube.com/watch?v=XdksI-yzoNE


動作分析・基礎動作トレーニングのお問合せ先
yumioff9276@gmail.com

↑このページのトップヘ