あなたが中学生の頃
都合よく大人になったり子供になったり
していませんでしたか

そして、まわりからもそんな扱いを受けていた気がしませんか

そんな時期、と言ってしまえばおしまいですが
中学生時代は、経験的にも社会的にも「はざま」にいる時期ですね

中2の息子はサッカーをやっていますが
股関節が硬く、小学生の頃はよく転んでいました。
理央前屈

何とかした方がいいカラダです。
股関節が「曲げる」ことを忘れたかのような状態です。

で・す・が

親子で子弟関係はなかなかに難しい

息子には、「今、カラダはこんな状態なので直した方がいいと思う
本気で改善したくなったら、ママじゃなくて師匠にお願いするから
言ってね」

とだけ伝えていました。

すると・・・

コーチから課題が出たらしく
本気で取り組みたい、教えてほしい

と言ってきました。

よしよし(^^)

ならば、と動作分析をしてトレーニング開始です

写真を見てお分かりの通り・・・
めちゃめちゃ硬い

股関節が曲げられるようになる日がどのくらいで
訪れるのかわかりませんが、
時々レポートをお届けしようと思います。

この状態を改善出来たら・・・

鬼に金棒です
さっそくアイディアを試してみます(^^)v

そして、お母さま方へ

このようなカラダになっている子供が
偶然とは思えないほど、私の身近には多く見られます。

ご子息、ご令嬢のお体の状態はいかがでしょうか

息子のトレーニングを始めて感じたのは
中学生は行くところが制限されていますし
情報量や理解力も独特な年代です。

ひとりでジムに行く?行けたにしても
この時期はとくに、質を見なければいけません

もしかしたら、パーソナルトレーニングに適している
年代かもしれない、そう思いました。

ぼちぼちとこの年代のクライアントさんが増えそうなので
中学高校生のグループセッションが出来たら良いなあと
思っています。

この時期に改善出来たら・・・
いいですよね~

中学高校生の方、親御さん
ちょっとした心配事でもどうぞお問合せ下さい

それではまた~

フジタユミ


カラダのこと、さらに詳しくはメルマガで

~藤田祐美の上質なカラダのメルマガ~

http://www.reservestock.jp/subscribe/57712