フジタユミです!

多くの人が、なにか運動に対する情報をお持ちだと思います。

例えばどんなことがありますか❓
・ダイエットするにも筋肉は落としてはいけない
・腰痛には腹筋を鍛える
・膝の痛みには大腿四頭筋(腿の前側)を鍛える
・バストアップには腕立て伏せ

こんな情報でしょうか

あとは良いらしい…というたぐいのもの
・コアトレ
・筋トレ
・ストレッチ
・呼吸
・有酸素運動

それぞれのおすすめポイントが確かにあります。

自分を振り返ってのことなんですが
ピンときたらパッと信じて即実行!

あまり深く考えない、素直な行動力(^-^;

走りながら考えるタイプ

これがとてもいいこと!ということが確かにあります。
世の中の先生方はそうおっしゃることが多い

でも、それが無駄な努力になるのは避けたいですよね
時間を無駄にしたくないですし
体を悪くしたいとは思いませんからね

というのは、昔の地方都市のダンス教室でダンスを始めた私は、
ずいぶん間違ったことをしていました。ホントに

先生が悪いとか、そんな風には思っていません
疑わなかった、素直に信じた結果ですから

AとBという選択肢がある時に、どちらが自分に向いているか
検証することが得意な方も、苦手な方もおられますし
直感好きの方もいらっしゃるでしょう

「間違いはつきもの」と思ってもいいんですが
あとどのぐらい時間がありますか

と考えるようになりました。
歳をとったという事(^-^;

無駄に時間を使いたくない
ならば、短時間で検証する、吟味する

そして、何事も自己責任

情報がどこで切り取られているか
発信する立場になって分かってきたことがあります。

そして、自分がどこで切り取っているか
にも注意を向けていないと、と感じるこの頃です。

情報は、都合よく抜けていることがある

情報を受け取る時も発する時も、心にとめておきたいと思います。

そんな視点で、始めの項目をチェックしますと・・・
・ダイエットするにも筋肉は落としてはいけない
 ⇒筋肉を落とすって、実は意味が分かりにくい。
  筋肉がやせる事?力がなくなること?どんな意味でとらえているかあいまい
・腰痛には腹筋を鍛える
 ⇒腹筋と言えども鍛え方はさまざま。日常的に腹筋を使えるような鍛え方でなければ
  腰痛の緩和には結びつかない。
  そしてなぜ腰が痛くなっているのかにアプローチするのが近道
・膝の痛みには大腿四頭筋(腿の前側)を鍛える
 ⇒同じくなぜ膝が痛くなっているのかにアプローチするのが近道
  なぜなら、大腿四頭筋を鍛えても解消しない痛みが存在するから
  そうなると、かなりトンチンカンなことをしている事になる
  こういうことが、ざっくりした捉え方が持っているリスク
・バストアップには腕立て伏せ
 ⇒腕立て伏せがちゃんとできるか、が問題

ほんの一例ですが、こんなことが私が感じているところです。
もちろん、伝え方は様々です。
研究の進歩で常識がひっくりかえる事だってあります。
できる事は、注意点やリスク、マイナス要素があれば、お伝えすることかな
と思うこの頃であります…

筋膜リリースでいうなら…
一発ものではないので続けてね
くり返しできる筋膜の癒着は、姿勢や動き方のクセできている可能性があるので
本当の改善のためには、動き方を変えるところまでやる必要があります
・・・こういうことでしょうか

IMG_20170226_144751

2月にご参加いただいたみなさま、テニスボール活躍してますか~(^o^)丿


☆テニスボールひとつでここまでできる!☆
【動作改善トレーニング体験会★硬くならないカラダにする方法】

2017年3月26日(日) 14:00~15:30 
場所:スプラウト 渋谷区神宮前1-1-8(千駄ヶ谷区民会館となり) 
持ち物:動きやすい服装
    テニスボールの圧が伝わりやすいジャージなどをご持参ください
    (更衣室ございます)
    お持ちならヨガマット 無ければバスタオル
    テニスボ-ルはこちらでご用意します 
参加費:3000円


詳細・お申込はこちらです



3/26

http://www.kokuchpro.com/event/c3f82567229fd1cb992a2f4fc7c0ab19/



それではまた~


フジタユミ


カラダのこと、さらに詳しくはメルマガで

~藤田祐美の上質なカラダのメルマガ~

http://www.reservestock.jp/subscribe/57712 
 

わずか1分で脚が軽くなる方法をご紹介しました!(^^)!
https://www.youtube.com/watch?v=vmjTsNQWRk8