フジタユミ・動作改善トレーニングのblog

体の動かし方は自然に身に付けたものです。ところが痛み、気分、習慣、生活スタイル、で姿勢や動き方は変化します。自身の難病から動作分析に出会いました。そして、今さら知った【体が持つ本来の機能】に驚きました。本来の機能を取り戻せる《動作改善トレーニング》を実践中

体の調子が良くて心の調子が悪くなることは、ほとんどないはず。
動作分析では脳の働きも含めてカラダ全体を見る。

これが人体にとっての当たり前の事だったとは…

カラダを快適に変える《動作改善トレーニング》

フジタユミです!

悩めるママ友から、相談がありました。
日頃から
積極的に体を動かしている方なのですが
腰、膝が痛い。
特に腰は、痛みが続いていてストレッチをすると少し楽になる。
ヨガならやってもいい?有酸素運動は?

さて…

こういう事は、誰にでも起こりますし
寝込むほどになるのは別格ですが
大抵の場合、痛くても生活がありますよね

痛みがあってもご飯は作らなきゃ、とか
仕事に行かなきゃ、とか…

痛みがあると、どんな事が起こるのかを覚えておいてください

私たちは痛みがあると、できるだけ
痛みを避けられる
動き方をしますよね
自然とそうなります

結果、基準になる動き方からは逸れて、ヘンな動き方になる訳です。

これ、一時的かというと日常的になる可能性が高い
痛みが治まって、ぱっと見、いつもの動き方に戻っても
カラダの中の動き方、動く手順と言えばいいかな、
これは狂ったままになることが多いんです

だから、過去のケガや痛みの経験が
次の痛みを生みやすくしています
再びケガをするリスクは
過去にケガをしたことがある人が一番高いんです

ギブスやコルセット、装具などを使った場合も同じです
たとえば、足首を固定していたとすると
歩き方が変わりますよね
これも動き方が狂います

次の痛みを生み出さないためには
動き方をリセットする必要があります

ここまでが、病院の役割ならいいのですが
骨折なら、骨がくっつけば終了
リハビリがあったとしても歩けるようになればオッケー
なところがほとんどです。

カラダの中の働き方までは見ていないのが現状です

一部、取り入れておられるリハビリの先生はおられます。
(詳細は直接お問合わせください)

と言う訳で・・・
これを踏まえておくと、痛みがある時の対処方は・・・
どんな動き方に変わっているかを観察することができますよね
それにより、やってはいけない事も判断できる

何が起こるかは、おひとりおひとり異なります。

よ~く観察して、動き方がどう変わったか
痛みが治まったら治まったで
どう動いているかを丁寧に感じてみてください
女性横向き

カラダは痛みを記憶しています
あなたが頭で良くなった~もう大丈夫、と忘れてしまっても
カラダは覚えている

痛かったことは避けるようになっています
加重のしかた、偏りなんて最もわかりやすいところでしょうね

そんなカラダの性質がある、というお話しでした~

リセットが必要と感じたら、ご相談くださいませ

それではまた!

☟こちらもよろしくお願いいたします
【筋膜リリースレッスン

2017 7月23日(日)10:15~11:45
西荻窪:hana
参加費:3500円

お申込みはこちらです

https://ssl.form-mailer.jp/fms/021ef400511934



よろしければ、メルマガのご登録、よろしくお願いいたします☆
https://www.reservestock.jp/subscribe/57712

フジタユミです!


そのカラダの問題…
原因は拍子抜けするくらい足元に、あるのかもしれません

もしもあなたが、一生懸命取り組んでいることについて
◆同じことを注意され続けている(スポーツやダンスで、コーチや先生から)
◆似たようなミスが多い(ゴルフなんてわかりやすい(^-^;)
◆いつも決まったところに痛みが出る

こんなことが続いているのなら…
関節の可動域を見てみてください。

関節だけを、シビア~に見てください
基準はネットで出てきます。

http://www.japanpt.or.jp/upload/jspt/obj/files/publiccomment/4_rom_20140612.pdf


本当は、姿勢と動き方もチェックしたいところですが…
もしも、そもそもムリがあったよね~
という状態で取り組んでいたとしたら…

あなたの努力が足りないわけでも
ましてやセンスが悪いわけでもない

ですよね…

関節の動きが悪かっただけ、なんて~
ふか~く悩んでいる人なら、コントのようにカクっとなると思います(^^)

先日のバレエを頑張っているティーンエイジャーの
動作分析と動作改善トレーニングで強く確信したのでした。

自戒を込めて、なんですが…
ダンスをやっていた時も運動指導していた時も
関節の可動域を確かめるなんて、やっていなかったのです。

でも、どれだけの影響がありましょう!

そして、多くの人はそれを認識しないまま、生きているのですからね

例えば、あがらない腕をムリにあげてゴルフをしていたら
こんな場合は、動きの少ない肩関節の代わりに、
私たちは、どこかの別な動きで補うんですから
軸がぶれるのは、もっともなことですよね
sunset-787826_640 (3)

で、軸がぶれないように~~~って練習を積む
そりゃよくなりませんよね(^-^;

サクッと解決できるはずの事に
悩んで、試行錯誤して、結果は変わらなくて・・・

ってなことになる

恐るべしですよ、関節可動域
ある意味、単純すぎる…

ピンときたら
一度確認することをおススメいたします(ー_ー)!!

ことに、首・肩・股関節・足首

まずはここから~

さて、☟こちらでは関節可動域にも影響する筋膜です☟

【筋膜リリースレッスン

2017 7月23日(日)10:15~11:45
西荻窪:hana
参加費:3500円

お申込みはこちらです

https://ssl.form-mailer.jp/fms/021ef400511934



よろしければ、メルマガのご登録、よろしくお願いいたします☆
https://www.reservestock.jp/subscribe/57712

↑このページのトップヘ